京都のグラフィックデザイン会社:モリデザイン

森小夜 Art Works

このページは、展覧会などで発表しております森小夜の作品をご紹介しています。

月の夕暮れ/三日月の夜

テーマであるReasonable Anagerを一言で表すならば、「正しい怒り」といった感じだろうか…。
私の中で「正しい怒り」とは、静かで美しいものである。童話「北風と太陽」の太陽のように、冷静でもの静かで、何もかも包み込む寛容さをイメージする。
ならば…、私の「怒りの形」は、
最高に美しい空の景色です。

月の夕暮れ 三日月の夜
(リンク展14・形ある怒りーReasonable Anager 出展作品)W950×H950mm インクジェット出力 2016年制作

旅の途中

昔見た渦巻きの雲。君は一体どこからきて、どこへ行ってしまったのだろう。
風に吹かれるままに、導かれるままに…
時には君の役目を果たしながら、少しずつ成長しながら…いくつもの時を過ごしただろう。
そして、今も… 君は旅の途中。
実は、「旅の途中」とは、「人生の途中」であり、
渦巻き雲は 私 そのものである。
私の置かれた環境を受け入れつつ、与えられた使命は少し努力をして果たす。そんな風に過ごしていれば、
行くべきところへ辿り着くのだろう…と思う。

作品「旅の途中1」 作品「旅の途中2」 作品「旅の途中3」
三部作(リンク展13・どこから来てどこへ向うのか 出展作品)W841×H594mm インクジェット出力 2015年制作

うろこ雲の夜

月の光に照らされたうろこ雲が明暗の模様を作り出している…そんな夜空の原風景に魅せられ、
私の中の心象風景として改めて表現しました。

作品「うろこ雲の夜」
(リンク展12・潜む熱 出展作品)W1,870×H1,250mm インクジェット出力 2013年制作

明日はきっと晴れる

「空」の作品を創り続けるきっかけとなった京都雲ヶ畑の風景を 原点に返って改めて制作。
当初、山道の樹々の谷間から見える絵本から飛び出てきたような三日月と雲に、衝撃を受け、大感動した。

作品「明日はきっと晴れる」
(リンク展10・晴れあがる 出展作品)W1,250×H1,820mm インクジェット出力 2012年制作

朝陽/夕陽

作品「朝陽」 作品「夕陽」
(リンク展9・はね返る 出展作品)タペストリーW1,300×H1,000mm インクジェット出力 2011年制作